きっちんうたまつ

京都 橋本湯

c0128960_2333660.jpg

c0128960_16285640.jpg

c0128960_2363224.jpg

c0128960_23125088.jpg

c0128960_2316482.jpg

c0128960_935698.jpg

c0128960_1013979.jpg

c0128960_951727.jpg

c0128960_10222652.jpg

c0128960_10254790.jpg

c0128960_103821.jpg

c0128960_10304962.jpg

c0128960_10175772.jpg

c0128960_10411340.jpg

c0128960_10544661.jpg

c0128960_20413449.jpg

c0128960_2045175.jpg

c0128960_20502281.jpg

c0128960_216445.jpg

c0128960_13514015.jpg


京都へ寄生イヤ帰省。
京阪電車に乗って橋本へ。
京阪線沿線って景色が明るくて好きだ。もし関西に住むことになったら京阪線沿線がいいな。

遊郭があった頃は、連夜大変なにぎわいを見せていたという橋本。
今はひっそりとした静かな時間が流れている。

贅を尽くし、雅を競う元遊郭の建築群。
磨きこまれたタイル、欄干の優美な装飾・・・。
話に聞いていたとおり、全く風化が感じられない。そして今も現役で人が住まっている。

装飾に見とれていると、どこからか子供たちの笑い声が・・・。
見上げると、窓ガラスにこちらを見ながらクスクス笑う男の子と女の子の顔。
昔日の光景のようで、ちょっとクラクラしてしまった。

メインストリートの端にある橋本湯へ。
正面入り口に迫力の「橋本湯」屋号瓦。これが見たかった!贅沢な造りだな~。
玄関のタイルや、番台の昔ながらのランプにも見とれてしまう。

浴室は改装されたシンプルなつくり。キレイだし、けっこう設備は最新だ。
ザバッとつかる。

湯上がり。
脱衣所に20代半ばくらいの女性が入ってきた。
ロングソバージュの華やかな美人、ちょっとはすっぱ(死語?)な感じ。
服をさっさと脱ぐと、おもむろにスタンド灰皿の前に立ち煙草を吸いだした。
全裸で。あの、あのー、何故、全裸で煙草を?
服ににおいがつくのが嫌なのかな。ハダカになると吸いたくなるとか。一服しないと風呂に入れない体質?(どんな体質だ)
「・・・・・・・。」
くゆらす紫煙が彼女の白いおっぱいを包み、ゆっくり宙へのぼっていく。
貴女はもしや、銭湯の女神?女神は煙草吸わないか。
でもそれくらい神々しく、艶麗な光景に見えた。
ぎゅっと煙草を灰皿に押し付けると、ふわりと身(とおっぱい)を翻して浴室へ歩み去って行った彼女。
ふーん・・・。
何となく、元色町に相応しい光景を見た気がする。

帰り際、気さくなご主人が「のど黒ちゃんのCM、うちで撮ったんや。お土産に持ってきなさい」とのど黒ちゃんと瀬川瑛子の写真をくださった(^^)
橋本は町並みも素晴らしいけど、私は橋本湯の優しいご主人にお会いするためにまた来たくなったな~。

そして今度は駅前食堂「やをりき」でスタイニーを飲みたい!



 
[PR]



by utamatsu2655 | 2013-05-15 22:41 | 銭湯

銭湯探訪日記と日々のささやかなことを書いてます。
by utamatsu2655
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧