きっちんうたまつ

鳳明館

c0128960_23163840.jpg

c0128960_23202611.jpg

c0128960_0315289.jpg

c0128960_23234865.jpg

c0128960_23302537.jpg

c0128960_018591.jpg

c0128960_8324292.jpg

c0128960_8184031.jpg

c0128960_7555739.jpg

c0128960_0352717.jpg

c0128960_8123890.jpg

c0128960_8152964.jpg

c0128960_7531940.jpg

c0128960_8243626.jpg

c0128960_22534274.jpg

c0128960_858896.jpg

c0128960_22554749.jpg

c0128960_2332221.jpg

c0128960_22575814.jpg

c0128960_2393820.jpg

c0128960_034692.jpg

c0128960_024728.jpg

c0128960_0301765.jpg

c0128960_0325184.jpg


本郷の老舗旅館「鳳明館」へ友人数名で宿泊しました。
「東京に住みながら東京の旅館へ泊まる」この贅沢感!

登録有形文化財の純和風旅館、でも少しも堅苦しい感じはなく、ホッとくつろげるいい雰囲気。
部屋でゲームをしたり、館内を探検したり、すっかり就学旅行気分。
家族連れ、合宿の剣道部、東京ドーム帰りのお姉さんたち・・・お客さんたちの楽しそうな気配が漂う。
お向かいの台町別館からは子供たちの可愛いらしい声が聞こえる。

外に夕食を食べに行き、お酒やおつまみ、お菓子を買って町を歩く。夜は静か通り静か。
宿へ帰ると仲居さんが流暢な英語で電話をしていた。うーんカッコイイ!
東京の和風旅館に泊まりたい外国人客は多いらしい。鳳明館の人気が高い理由も頷ける。

部屋でひとしきり小宴会。これぞ大人の修学旅行!大人だから「枕投げ」はやらないけど。
次回はパーッと大人数でお料理付きの「宴会」をやるのもいいなあ。

そしてお楽しみのお風呂へ。
女風呂はその名も「龍宮風呂」なるほどタイルの壁に魚たちや亀が舞い踊り、気分はまるで乙姫さま!?
創業当時から内装はほとんど変わっていないらしいレトロお風呂だけど、
もちろんシャワー等問題なく快適に使えます。石鹸やシャンプーも完備。
ちなみに男性は「ひょうたん風呂」らしい。
近くに「菊水湯」という立派なお風呂屋さんもあります。

すっかり温まって、みんなですやすや眠りにつく。

翌朝は快晴。障子窓から差す光がまぶしい。
顔を洗いに1階の洗面所へ下りると、朝ごはんのいいにおい。
運ばれるお膳には焼き魚や海苔が・・・。うーんおいしそう!
今回は朝食なしのプランにしたけど、次回は絶対に食べるぞ!

身支度を整えてチェックアウト。
ロビーには雷おこしや「東京に行ってきました」クッキーなど東京土産が所狭しと売られている。
東京なのに旅先のような、何とも不思議な気分。

優しい仲居さんに玄関で記念写真を撮って頂き、鳳明館を後にした。
今回は本館に泊まったけど、次回は2軒ある別館にも泊まってみたい。

東京で味わえる旅行気分とノスタルジア。
大人の修学旅行、とても楽しかったです。
[PR]



by utamatsu2655 | 2011-11-20 23:12

銭湯探訪日記と日々のささやかなことを書いてます。
by utamatsu2655
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
銭湯

未分類

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧